私達は ”守れいのちを!”を合言葉に地域の防災や減災活動を支援します。

南あわじ市立賀集小学校 南海トラフ地震の防災学習

1.依頼者  南あわじ市賀集小学校
2.開催日時  平成30年1月17日(水)9:00~12:00
3.開催場所  賀集小学校校内
4.研修相手  賀集小学校6年生  25名
5.講演者  講師:釜谷正博
調査指導:谷川俊男・寺田良幸・林健児・廣田誠・森脇康仁
6.講演内容
  1. 目的
    南海トラフ巨大地震を想定し、地震の揺れにより倒れる物、割れる物、落下する物等の危険物の調査を6年生児童自らが行い、地震発生中の自らの安全について考える機会とする。
  2. 防災学習の内容
    1. 事前講義(南海トラフ地震について):防災学習前に実施
      担任教諭の授業により、南海トラフ地震についての発生の仕組み
      を学ぶ。
    2. 防災学習
      地震の揺れにより、危険な物についての講習
         倒れるもの:ロッカー、本棚など
         割れるもの:窓ガラス、蛍光灯、花瓶など
         落ちてくるもの:花瓶、置物、分厚い本など
      ・校内調査のやり方の説明
         調査班に分かれて校内を調査し、危険なものを平面図に
      記載する
      ・調査結果のまとめ方の説明
         調査のまとめ方、発表のやり方
    3. 校内調査の実施
      ・調 査:校内を5つに分け、5班が危険なものを調査 し、図面に記載する。
      ・まとめ:調査の結果を図面に記載し、発表のやり方を考える
    4. 全校集会での調査結果の発表
      ・全校集会で、担当調査区域内の危険なものを5班がそれぞれ発表する
  • 教室で講演
  • 廊下でマップづくり
  • 教室に戻ってマップのまとめ
  • 発表のリハーサル
  • 全校集会で発表

活動記録

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

活動記録

PAGETOP
Copyright © ひょうご地域防災サポート隊 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.